アサダムーチョ

Family business
Issy and Mao

4/28 金 @京都THE WELLER'S CLUB
『ビバ☆シェリーとfamily business』
LIVE ビバ☆シェリー/family business(アサダマオ+issy from東京)
OPEN/START 20:30 0-
DJ 増田亮平(むんと食堂)/山本剛史(YAMAMOTOZOEN)他
京都でライブ。いらっしゃいませ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

空を飛ぶ

IMG_3020.JPG
ことに、人間は憧れる。

空を飛びたいなと思いながら焼き鳥を食べ、空を飛びたいなと思いながら唐揚げを食べてる。空を飛びたいなと思いながら、中華料理では蒸し鶏を頼み、フライドチキンを食べ、チキンカチャトーラはどんな料理だか、忘れたが、あるいは、パテなんかにもすれば、チキン南蛮にタルタルソースという、もはや、ソースもおかず級。フォーも、チキンのフォー。フォーなんて、私は食べないが。
世界中が、空を飛びたいな思いながら、鳥を食いまくる。

ジミヘン聴いてる。

プワワワーン、

なんで彼の音はこんなにかっこええのやろ…

夢で空を飛んだことある。誰もがある。フロイトの分析によれば、なんたらかんたらあるのかもしれない。夢分析はユングか?知らぬが。どっちかな?心理学の単位とったのに、忘れてる。
すごいよな。そこそこ興味あったのに。
興味あることは覚えてるとかいうが、私は忘れる。

さておき、
夢で空を飛んだことあるねん。人間は。

私はある。

空を飛ぶ、いうか、家の家の屋根を、すごいジャンプで、ビョーン、ビョーンとできる。最高におもろい。お腹にくる。重力をコントロールできる。しかしながらまったく軽いわけでなし、自分の重さで遊べる感覚。

ジミヘン聴いてたら、空を飛んだみたいな。あれ?いま、飛んでる!うそん?

みたいな、面白さ、気持ち良さ。それをただの空想じゃなくて、リアリティがあるのは、音楽が緻密に作り込まれてるからではないかな。だから、緊張感がある。飽きないのは、そこかもしれん。

天才が、いや、大天才が、作ったものやから。
そりゃ、人知で計り知れないとこがあるんやけど。

色々考えながら聴いてる。わからんのにな。

不協和音、いうのかな、どっか、どれかとどれかの音がぶつかって、混ざり合わずに浮いててそれがアクセントになってて、妙な、耳触りがある。それが、全部が全部あるわけじゃないねんけど。

ふっと、現れる。

奇妙な。立体感。それが。たまらんなあ。かっこええねん。

しかし、ヒップホップもジャズも、ブラックミュージックの特徴かもしれんが、よくズレてる。去年かな、石ちゃんがロバートクラスパーみたいな、名前のピアニストが好きで、ビルボードに来るいうから、私は行きたくなかったが、なぜなら、あんた、寿司何回行ける?あんた、ハンバーグ何回行ける?あんた、鳥貴族やったら何回行ける?あんた、あんた、あんた!一軒目酒場やったら凄いやんか!ローリンヒルとちゃうねんで!カレーのシディークやったら何回行ける?あんた!落語でも何回行ける?愚痴愚痴。愚図愚図。あんた!掃除機新調できるで!あんた!炊飯器は?毛布ボロボロやんか!あんた!あんた!靴下汚いで!あんた!パンツボロボロやで!あんた!あんた!愚痴愚痴愚図愚図。

しかし、妻たる者、夫の後ろを歩きなさいと母に教育された私は、しゃあなしに行った。

そしたら、ロバート、めっちゃでかいねん。まずそれに驚いた。ピアノの椅子が嘘みたいに小さかった。まるで、借り物みたいな。それで、ロバート、自分が弾かないときに、ステージの横に膝伸ばして座るねん。ペットボトル水飲んで。まるでバスケ選手。めっちゃおもろい。それが、なんと、鍵盤弾いてるとこ見たいからいうてステージ脇のテーブルに座った石ちゃんの40センチくらいしか離れてないとこ。ラッキー!かな?首傾げながら、私はしばらく笑いを堪えるのが大変やった。なかなか無いやん。そういうのって。ていうか、普通、無いやん?

そういえば、唐揚げが美味かった。

さておき、バンドで来てたんやけど。ドラムがすごいねん。
全然、合ってないとこで、踏むねん。ベードラを。驚いたな。彼らの文化というか、音楽の遊び方いうのかな、セッションいうのも、時代を行くごとに進化していくやろしな。生き物や。ヒップホップも。ジェイジーが、アフリカバンバータよ、なんたらかんたら、リスペクトみたいなの歌ってた。アフリカバンバータがヒップホップ元祖やみたいな話を石ちゃんから聞いた。バンバータ。
きっと、ジャズもロックも、進化していくんや思う。日本であんなドラム叩いてる人いるかな?いう話をしてたら、セロというバンドでみっちゃんいうドラマーがいるんやけど、みっちゃんは、ズレズレに叩いてた。ユーチューブで見た曲。かっこよかった。セロは、ベースも黒人を起用してる。これは嘘やけど。ハイセンスなセロ。きっと彼らもブラックミュージックが大好きなのだろう。

ライブはどうだろう?ちゃんと聴いてない。しかし、ちゃんと聴いてみようと、思った。

しかし、ロックいうのは、どうも。
神様みたいに完璧なのが、とっくに現れてる気がする。100年とか500年とかに一人とか、1バンドとかいうの。ジミヘンいうのは、その一人や思う。

松本人志のすごいな、と思うのは、あの人の古いやつ、古いトークを見ても、古く無い。いつまでも、新しいものが持つオリジナリティいうのかな、暴力的な、媚も優しさもない。毒、面白さ。深さ。そこで見えて来る優しさ。誰の真似もしない。それでそのまま行ける。いまだに、一番。一番、喋ったら面白い。深い。多分、そうやろな、思う。なぜなら、彼は天才やから、普通じゃない。
面白い。て、凄いこと。面白くあり続ける、それは、それは、本当に凄いこと。

同じ時代を生きれて良かったと思う人に、松本人志を挙げる。ウディアレン。


一緒の時代を生きたかったのは、ボブマーリー。ジミヘン。桂枝雀。長嶋茂雄の野球時代に野球を見たかった。

あれ、ジミヘンの話。

この人のギターの、教会音楽いうのかな、ちょっとバロック音楽みたいな雰囲気あるように思う。
バッハとかなんかな?

ジミヘンは誰を聴いたんやろ?

ジミヘンを聴いてエレキを買った少年はいまだにいるやろけど。

ジミヘンが好きな音楽はなんやったんやろ?

誰か知ってる?

ジミヘン。

ほんま。泣けるな。最高や。
ドライブいうても、墓参りやねんけど。

ジミヘンはたまに聴く。

たまらなく、なんかしたくなるな。
なんやろ、動き出したくなる。

縄跳びでもいいから、なんやろな、そういうのってあるやん?
あれを、なんという感情なのか、感覚なのか、

私の大好きな正垣ユウキは、衝動と歌ってた。


ここにそこにいたるとこに
憂鬱がほら
履いて捨てて水にながしても
若者がほら
衝動を起こすのさ

君がそうだろう?だろう?

ライフという歌。私は、19歳やった。

いまだに。
あの全身鳥肌立ちながら彼の歌に心酔したのを覚えてる。

いまでも、大阪のどっかのライブハウスで、彼は歌うのだろう。

歌いおえて、ビールやウイスキーを飲んで、来てくれた人たちに、ありがとうと言って乾杯してるのだ。

彼は売れてもない。誰も彼を知らない。
だけど、私は、知ってる。

私の大好きな歌を歌ってくれる。

嗚呼。

大阪帰りたいな。

ふと思う。

やっぱ、正垣さんの歌、聴きたいな。

めちゃめちゃ聴きたいな。

東京にも、大好きな音楽仲間はいる。
だから寂しとは思わぬが。
しかし、正垣さんはいないのだね。






2017.05.26 Friday 15:50 | - | comments(0) | -

熱あるわ

IMG_3014.JPG
花粉症や思ってたけど。
このしんどさ、7度5くらいありそうや、思った。
四回、念の為、測ったけど。

皆さんも、気をつけてね。
花粉症と風邪は似てる。

花粉症の薬飲んでしもたがな…


どよよん。

日々を反省。忍忍。
2017.05.24 Wednesday 15:58 | - | comments(0) | -

今夜は

IMG_3012.JPG
出掛けるんやけど。

鼻水が止まらん。

花粉か黄砂かなんか知らんが。今朝から。ちょっとした地獄や。頭痛いし。なんか喉も痛い。

今日会社でも鼻紙一箱。一キロくらい鼻水出た気がしてる。

鼻詰まりで、飯の味もイマイチわからん。

マスクすると、口呼吸が苦しい。

家ではずっと鼻紙、鼻に詰めてる。白い薔薇みたいやろ?
これで昼寝してたら、鼻の穴にティシュを丸めたやつを入れてそれが取れなくなって呼吸困難になって苦しくなる夢を見て慌てて起きた。死ぬかと思った。現実に鼻にティシュ詰めてたのに気づいて慌てて抜いた。夢とはいえ、現実と違わない夢を見てた。これには驚いた。昔、鼻にティシュ詰めてねたら、鼻の穴に葛餅が入ってる夢を見た。葛餅いうても、関西の葛餅やから東京の葛餅とはまた違う葛餅やねんけど。それが苦しくて苦しくて、フンッと鼻を吹くとその葛餅が大砲のごとし、ポーンと遠くへ飛んで行くが、また苦しくて何度もやらなあかんうちに、溺れたみたいな呼吸困難なって、葛餅もなんぼフンッとやっても飛んで行かない。嗚呼、憎き葛餅なり。苦しい!死ぬ!思ったら目が覚めた。鼻に詰めてたティシュを慌てて抜いた。葛餅て、なんでやねん!1人で大爆笑。すぐ寝直した。九死に一生を得ること二回。

苦しくて三途の川べりまで行くなり、私は思った。


苦しい!死にたくない!

これが人間なり。



写真見て。会社でもこないしてたいが、さすがに辞めた。鼻かみすぎて鼻の下の皮膚が痛い。

みんながこうしてくれたらいいのに。
マスクなんてカッコつけんと。
だいたいマスクしたら鼻かむの不便やん?これ、楽やで?メガネ曇らんし。

カールラガーフェルドでも、ヨウジヤマモトでも、誰でも良いから、やってほしい。ピンポイントマスク。

tシャツの上にブラジャーが御洒落なんやったら、鼻の穴にティシュも、なんか見せ方あるんちゃうかな…


バカ売れです。きっと。

ほんでな、めいめいがゴミ袋持って歩いたら、私のチャリンコのカゴが、だれか知らん、育ちの悪いやつの不届きなゴミやら新聞の不法投棄みたいな被害に遭わずにすみ、道にゴミなぞ落ちてない国になる。

これ?
綿菓子、鼻から食べてるねん。いる?

頭痛い…


二日酔いみたいや。鼻が垂れるぶん、二日酔いよりタチが悪い。

ひょっとして、風邪引いたんかな?

いやあ。ちゃうなあ。
鼻の穴が。めちゃくちゃ痒くなる。

子供のとき、花粉症無かった。
花粉症の大人になにが辛いの?
と聞いたら、

鼻の穴が痒くてたまらん、という。

私は大爆笑した。
そんな面白い症状ある?
むしろ、たのしそうやん?

くらいに思ったが。

大人になるとわかる。

これは、笑いごとではない。
いかん。くしゃみも出てくる。

鼻水涙みたいにポロポロ落ちてくる。

最近、泣いてないな。

昔の奥田さんのライブ音源聴いて。
そのあと、ローリンの弾き語り見て。

音楽や奥田さんやローリンを想って、

どういうわけか。涙が溢れた。

不思議やな。

なぜかわからんが。

頭痛い。

寝よかな…








2017.05.23 Tuesday 19:45 | - | comments(0) | -

早く来い来い

IMG_3010.JPG
給料日

次描きたい絵も決まってるが、いかんせん、お金がないので、画材屋にも行けぬまま。

もうちょいやな。給料日。

旗みたいやろ?

じつは、引越しで自分の部屋が無くなった。絵を描いても、置く場所無いから絵を辞めよう思ったが、布だけに描いたらええやんか!

そしたらカーテンのとこ下げといたらええやんか!

いうて。

そのうち絵の具が割れてくるかもしれんけど。

昔の作品を保存するより、描きたいという気持ち、情熱を育む方が大事や。

どうせ、私は画家にもなれぬ。
売れるわけもない。

誰に注目されるわけもなし。

保存するより、自分の中に物語を持つこと。それを育むこと。それが、自分の中で育むユーモア。

カーテンに飽きた頃やったから。

良いカーテンになるね。

じゃんじゃん、ぼちぼち描いて行こ。

次はね、

私服の大将を描く。
しばらく寿司職人を描こう思う。


なぜなら、自分は、寿司が好きだから。



2017.05.22 Monday 17:27 | - | comments(0) | -

眠る日は週に一回は欲しい。

めっちゃ寝た。
ギター弾いた。
本読んだ。
ビールちょっと飲んだ。

昔、マービンゲイのドキュメンタリー見た。いろんな人が、マービンは、どんな奴だった、とか言うてたんやと思う。

私が覚えてるのは、

ある日スタジオで、誰もいないのにマービンの歌声だけ聞こえる。不思議だなと思って、スタジオの中に入ってみると、マービンが寝転んで歌ってるんだ。びっくりしたよ。マービンという男は、寝っ転がってても歌が上手いんだ。

みたいなこと言うた。

わざわざそれ、言うかな、もっとええ話あるんちゃうかな?と、

私は思た。だから、覚えてる。

スティビーワンダーや、ホイットニーだって、マライアや、ビヨンセや、トムジョーンズや、尾崎豊、紀世彦だって、
寝っ転がってても歌が上手いんじゃないか?

やっぱりそう思う。

どうだろう?
自分は、立っても座っても、寝っ転がってても、下手くそだから、上手い人いうのは、姿勢問わず、上手いんじゃないの?と、思う。

ふと、思い出した話。

月曜日。今週は、水曜日仕事休みや、ほっ。

たまに六連勤があって。
そういう週は、滅茶滅茶長く思う。
日曜日は寝まくる。

ぼちぼち行こか。

24時間しかない毎日。

焦らず急がず欲張らない。






iPhoneから送信
2017.05.22 Monday 01:08 | - | comments(0) | -

ギター弾きの謎

ずっとずっと繰り返しなぞりながら、
ちょっとずつ出来ていく。
音楽を作るのだが。

一応、思いつくままに並べて出来るんやけど、ちょっと足らんな…
とか、
ちゃうなあ、

と言いながら、まるで予期せぬ素晴らしい他者の助言を待ちわびる。

しかし、思いついてるのは自分である。

自分の中に他者を見出すような、
予期せぬ自分に

自分なんてないのが、師匠の教えやけど、演奏するのは自分やし、曲を作ってくのも自分やし。

思いつく限りを試して行く。

決まらない。

しかしさっき、

嘘みたい!

と思たほど感動的に、綱渡りに成功したけど、
思い出せない。

まぐれ。

素晴らしくて、驚いた拍子に忘れてしまう。

私は出来ないことが多い。
知らんことが多い。

だから、たまに出来たら驚いて、

驚いた拍子に、忘れる。

まるで、眠る犬が、屁をして、その屁に自ら、驚いてクルクル回って。驚いてる最中に、ふと、なんで立ってるんやっけ?寝ようか。

屁のことすら忘れる犬。

何度か見て、ゲラゲラ笑ったが。

我が身を振り返るに、身に覚えある。


逆の発想でいかなあかん。

いうて。
なんも先に思いつかんときに、私はよく言う。

逆てなんやろな?

わからんけど。

近づいていく気はしてる。

どこにとも言えないが。

こうやって、一曲ずつ。作っていって、しっかり録音も残していって。

これから10年、20年、30年、40年、50年。

84歳か。

まだ生きてるかもしれん。


ギター弾いてたいな。
ギターで、具体的なメロディを弾いてたい。


いっぱい。

これからも、音楽と過ごしていけるんや。生きてる限り。求める限り、音楽は応えてくれるだろう。

ギターが好きや。
昔はどうでも良かった。
しかし、いまは、具体的なことを、具体的なメロディの伴侶として、ギターが好きや。

上手くなりたい、ていうより、
もっと自在に、音楽を、メロディを思いつけるようになりたい。

私は、良いメロディが好きや。

楽しいから。






iPhoneから送信
2017.05.19 Friday 14:47 | - | comments(0) | -

良いねえ!

IMG_3006.JPG
パーシーシャツ。
生ビール2杯。

2017.05.15 Monday 20:21 | - | comments(0) | -

ジミヘンドリクス

好きや。
昔は、ロックが好きやった。
いまは、そんなに好きじゃない。
しかし、ジミヘンはたまに聴きたくなる。また、たまに聴けば。

気持ち良い。

ずっと考えてる曲のタイトルは、ジミヘンにした。

ふと。スパーんとイメージが来た。

ジミヘンドリクス聴こう。

哀しき大天才。

彼の人生は寂しい。

しかしあれだけ音楽に愛されたのだから、そういう魂は、早く逝くのかもしれない。

エレキ弾きたいな。
エレキ欲しいな。

しかし、要らんやろな…




iPhoneから送信
2017.05.15 Monday 18:51 | - | comments(0) | -

おもろかった

IMG_2994.JPG
この人の本は面白い。
現実がわかる。
このセンセの宗教に対する自然さ。
宗教と人間はコンビで捉える。
政治というものの難しさ。
キリスト教の素晴らしさ。
隣人を愛せよとあるが、それは、自分を愛するように他人を愛せよということで、まず自分を自分で愛さなあかん、いうこと。その自分自身の愛し方がまずければ、嫉妬や無関心となる。

面白かったのが、嫉妬という字は共にオンナヘンの字。しかし、政治を舞台に繰り広げられた、男の嫉妬をこのセンセは肌身に体験してきた。
言うに、男の嫉妬ほどこわいものは無いと。それに比べりゃ、女の嫉妬は、間抜けであるとあった。

男の人生は大変やな、と。

思った。

嫉妬を良いエネルギーに変換することは出来ると思う。しかし、要らないと思う。

自分より出来る人間を尊敬する。自分より出来ない人間はサポートする。ややこしい奴とは関わらない。他人に求めず、自分で努力する。


これだけで良いのではないか?
あとは、趣味を探す時間。あるいは、趣味を楽しむ時間。

自分の人生で出会える人間。良縁悪縁あるからそれは気をつけなあかんが。悪縁に落ちたとき、この縁は、自分を苦しめると気づけたとき。人間は学ぶ。だから、そういう経験も、やっぱり必要な気がする。人間関係に苦しんで、乗り越えて、それでも人間を愛する人いうのは、何人か知ってるが。魅力のある人多いと思う。その姿。さっぱり。人間らしくて好きや。


しかし、この本がいうに、自分が嫉妬しない人間ほど気をつけろとある。
嫉妬しない人間は、自分がどこで嫉妬されてるかわからんから、いうこと。


嫉妬されるようなものは何もない、手ぶらで生まれてきた私には、学も無ければ、才能もなく、財産もなく、さほど若くもなく。

変わり映えしない日常に生きる。

ああ地味だと思う。

まあしかし、こういう本読むと、平凡のありがたみがわかる。

地味に、地道に。

私は生きる。



2017.05.13 Saturday 17:45 | - | comments(0) | -

貧血が

ひどいから、焼鳥行ってレバー食べた。
今迄、気持ち悪くて食べれなかったが、

貧血克服には、良いのだから我慢して数回食べたら、ちらほら美味しいレバーがある。

案外、イケる…

おそるおそる食べてたが、

今日

好きかも…

思った

焼鳥は、鴨が好きや。

いつ迄も。噛んでたい。

東京ダイナマイトの漫才にあったな


しかし、ビール飲んだら、そんなに呑んでないのに。

ふらふらや。

明日は、ひじきでおかず作ろ


貧血。レバー食べれるようになって良かった。


レディは、貧血にみんな悩む。

しゃあないけど。

頑張って、考えて、対処していこや。
あまり、サプリとかクスリとか飲みたくない。

なんやろな、やっぱり食べ物と睡眠で補いたい。

習慣やな。


努力します。なんか良い食べ物知ってる人、教えてください。


おやすみなさい



iPhoneから送信
2017.05.11 Thursday 21:47 | - | comments(0) | -