アサダムーチョ

Family business
Issy and Mao

4/28 金 @京都THE WELLER'S CLUB
『ビバ☆シェリーとfamily business』
LIVE ビバ☆シェリー/family business(アサダマオ+issy from東京)
OPEN/START 20:30 0-
DJ 増田亮平(むんと食堂)/山本剛史(YAMAMOTOZOEN)他
京都でライブ。いらっしゃいませ
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

お土産

IMG_2768.JPG
コスパ、味の満足度、附録の渋み

ベストツーにランキン。

あと1個はなんやろな

白い恋人かな…


2017.03.20 Monday 00:05 | - | comments(0) | -

気に入りました

IMG_2762.JPG
一枚
ワンピースシャツ
自分の好きな映画に、イングリッシュペイシェント

いう、そりゃあ、ああた、

うぉっえっ

となるほど、ロマンティックな映画がある。あんなんが好きなん?言われたら、顔を赤らめて

うん…

と言うしかない。映画の前では、マオおばちゃんは、乙女やがな。
涙し、微笑み、恐れおののき、安堵する。

イングリッシュペイシェンは、音楽も良くて、役者も良い。
良い悪いいうたら、変やな、私にはわからぬが、
大好きやいうこと

それで、軍隊の医療軍いうのかな、医師や看護師が出て来る

それで、女の人も出て来る

その役者の名前が、

ジュリエットビノシュみたいな名前の人。綺麗だね。美人。

それでその人が、軍服の看護師の衣装着てるんやけど、かっこええねん。

上野とか軍服屋が多い。ちらちら見るがだいたい180センチくらいの細い男性が着たらかっこいいんやろな
思って、おデブのデカイ女が似合う服はなかなかない

それで、これ見つけた。
休日。モータウンベストを聴きながら。ピョンピョン跳ねながら、
コーヒーに牛乳を入れに行く、
鏡に映るワンピース
学校の、一番好きな先生が、軍服のデザインの良さを語ってた。
アンディウォーホルの絵とかの話をしてる最中。

哲学の先生やねんけど、かっこええ先生やねん。

デザインと機能性の真骨頂やいうて、
軍服をいうてた。

それは、戦争に着て行くものやから、
私は、戦争は嫌や。


だから、そのシンボルをどうこうしたものは、あまり見たくなかったが。
それは、それ。これはこれ。
人間の知恵が凝縮されてる。

お洒落やけど、洗濯しにくいとか、動きにくいとか、肩凝るとか

そんな服、昔は我慢してたが。
今は、ずっと着れる、丈夫で、ずっとかっこいいと思える服を探してる。

軍服のシンプルさ、丈夫さは、
参考にしよう思う。


坊主にした。さっき。
いまから、うんこする。

私は便秘やから、休日。
うんこのチャンス。

うんこの神様は、私を好きじゃないらしい。

私が変なやつだからか。

石ちゃんは、毎日、うんこばかりしてる。

なぜだろう。同じもの食べてるのに。

犬並である。

自分は、ゴールデンレトリーバーを買ってた。

立派なうんこをしてた。

テンプテーション

やっけな?

踊りながらみんな歌うやん、
ソウルトレイン観てたら
五人組みたいなのが、ステップ踏みながら歌う。

あれ、最高よな。

ほんまに。


頑張って、とりあえず、うんこ気張ろ。





2017.03.19 Sunday 12:57 | - | comments(0) | -

二連休ヤー!

IMG_2761.JPG
ウェッヘッヘッヘ

明日休み、明後日も休み


ウェッヘッヘッヘ

寝よう…

疲れた。

2017.03.18 Saturday 12:38 | - | comments(0) | -

良い本

IMG_2754.JPG
やった。

私は、兄弟が好きや。
兄弟コンビ。

オアシス、ボブマーリーのバンド、ジャクソンファイブ、中川家、千原兄弟、上沼恵美子とその姉

やっぱり、友達よりドライで、しかし深い繋がり。同じ親、家、環境


ああ、眠たい、

寝ます

これ。良い本やった。
笑いながら読んだ。
せいじにいやんの良さが、たっぷり。

芸人の本て、おもろい。
といえど、読んだことあるのは、武と紳助にいやん、あと、じゃくじゃく、千原兄弟、そしてこれ。


また好きな本のジャンルが増えた。

せいじにいやん。
性格が好きや。

私も、こういう性格になりたいな。

と、何度も思ったよ

ああ、

おやすみ。
仕事は早くて。2時に起きなあかんのだ。


2017.03.15 Wednesday 22:38 | - | comments(0) | -

no title

IMG_2753.JPG
休日

まだまだ眠たい
結局昨日も、夜あそぼ思ってたのに。
寝てた…伝説の寿司職人描いただけ

最近、仕事でバテる。

歳かな

まあしかし、誰かに迷惑かけたり、手抜いたり、となるほどまで、老いてない。
33歳。まだ2ヶ月、もないけど。

頑張ってるから、まあ、疲れるのは当然。


体力つけて、慣れること考えよう。
頑張れ頑張れ。

最近、映画観てない。

映画行きたいなあ

思ってたら、月末は、恩師と呑むし、また、方正君の落語行く。

なんや、最近。
大事にせなあかんものを、大事にしてる喜びが、静かにある。
大事にしてる。大事にしようと思ってる。
そういう気持ちが。

自分の軸になってきたかもしれん。

師匠の本のおかげかもな。
読書で鍛えた心が。

いよいよ精神的な、機能となってきたのかもな。

仏教は良い。

物の見方が、考え方が、広がる。
誰を、なにを否定しようとも思わなくなる。

なぜかしら。

摩訶不思議。

咲く花は、枯れる。
枯れる。

命は枯れる。
だから良いのだ。

喜びをもって死を待つ。

昨日、死んだじいちゃんが近くに来た気がした。
懐かしかった。

真央、元気にやっとるか?
仕事はなにしてんねん
これ、真央が描いたんか?

そういや、子どもの頃、美術教室で作った工作や絵を、じいちゃんにプレゼントした。

そういえば、じいちゃんも絵が上手かった。父さんも絵が上手い。

私は、絵は下手くそやけど。
それでも絵が好きやから。

精神を引き継いだのだと思われる。


腹へりました

休日。まだまだ寝たいが。

パン屋行こう



2017.03.15 Wednesday 10:01 | - | comments(0) | -

マグロ

IMG_2668.JPG
愛の賛歌

マグロて、凄い。

2017.03.12 Sunday 20:31 | - | comments(0) | -

浦島

太郎気分。
今日、いうか、昨日か…
めちゃめちゃ忙しくて、帰ってくるなり、バタンと寝込む、今、起きる、日付け変わってる…何時間寝た?
それも、寝坊した!!と思いながら起きる休日。

ベッドで再び眠りを待つ今。

今夜は出掛けたかった…あーあー。

なんの約束もない日々。
気ままに過ごす穏やかさ。
絵描いて、本読んで、ギター弾いて。

生活が、出来た気がする。

基盤が無いと、建設が出来ない。

楽すること考えてたら、基盤はちゃちくなる。しんどいことはしんどいこととして、覚悟を持って挑む。人間は間違う生き物。失敗もある。ただでさえ、そういう習性がある。だから。楽なんてない。しんどいことはしんどいこと。として。覚悟して集中する。準備する。それで間違えても、少なくて済む。

それに慣れてきたら、いつか。
あいつは、出来ない奴や。と言われず、あいつは頼もしい。と、言ってもらえる日が来るやろし、そう言われる日には、結局、どんだけ忙しくてもパニックならんと、落ち着いてやってる。結局、楽できる。出来るやつは、慣れてるから、出来る。しんどいも慣れたら、対処できる。ワーワー騒がんで良い。
そう思う。だから、私は、仕事が出来る人を観察する。出来ないな、と思う人も観察する。大いに参考にする。

この基盤の上でこそ、
自分のやりたいことをやれる。

ちょっと増えた仕事も。やっと慣れたかな。

読書して行こう。
道無き道を、歩いてる。
目指すは?

私は何も目指さない。

辿り着いたら、

ああ、ここに来たか!
ああ、あなたに会えましたか!

と、そのときに。
驚いてみたい。

開けてみるまでわからん。

それが、自分は、ワクワクする。
自分には、力がない。

人付き合いも下手すぎる。
私は、嫌われやすい。
それに、まあ、ええか。ともすぐ思う。
仕事頑張るみたいには頑張れない。
相手は人間。

恐ろしい。

とはいえど、75歳の恩師が手紙をくれた。

まあ、私が書いたから返事くれてんねんけど。

恐ろしいほど、素敵な音楽を知ってる恩師。

先生の音楽に触れて、自分は音楽とは謎だと思う。しかし、素晴らしく、謎謎である。

いまだに謎である。

あれはなんだったのだろう?

音楽だったのだ。

浦島太郎みたい。

音楽とのギャップ。音楽と、日常との。


つまり。非日常いうことか…

そうかそうか…


書いてるといろんなことが分かってくる。

非日常か。

そりゃ、なぞやな。

思議をこえた不思議。

仏教の世界を理解するにはそこに、一度は足を入れないとあかん、いうて師匠の本にあった。

先生、ありがとう。

不思議な瞬間を、不思議な一瞬を。
なんども貰った。


また仏教頑張って勉強してたら、
ああいう一瞬に出会えるということかもな。

強烈に、なんやろな、

強烈に、良い気持ち。崇高なる気持ち、いうのかな、

まあ、強烈に、音楽やった、ということか。

人生で、最高の一瞬やった。
そういう演奏会の記憶がちらほら。合奏の記憶がちらほら。


あのときも、痛烈に孤独を感じた。

美の前で、人間の孤独を感じた。しかし、温かかった。自分が許されたような気がした。また、美は冷たいとも思った。

ダンサーってどうなんやろな。
バレエとか。

音楽と向き合う。音楽になるのか?
音楽になるのかな、

私は、眺める。
関わり方。
音楽やってても、眺める感覚が強かった。

先生は、菩薩なんやろな。

そして私は。修行してるんや。

魂を良くする修行。

だから、試練も多いと思う。

選んだらあかん。
選ばれてもあかん。
しかし、自在でなくてはならない。
とらわれてもならない。

ずれたとこ、ではなく、一本、はずれたところ。

覗くではなく、眺める。

意思したものを。ではなく、眼に映るものを。


浦島太郎、まだ眠れず。


あああー。

腹が減ったな、りんごでも食べようかな。

りんご美味しい。
私はゴリラ。

月末。恩師が主催する飲み会に行く。
東京に来るという。

起きてられるかな。

まず心配。しかし、なんとかなるだろう。

恩師だから。

あと何度、会えるだろう。
あと何度、声を聞けるか。
あと何度、乾杯できるだろう。

75歳。

私は、34歳になる。五月。

音楽が導いてくれた。
自分を偽ろうとは思わない。
人と争おうとも思わない。

人間は、美に負ける。
人間は、醜悪に老いる。やがて枯れる。

しかし、美とて、この連綿と連なる死の醜悪によって、照らし出されるのだ。


持ちつ持たれつ。

眠れぬ。
君はもう寝たかい?
そうか…

じゃあ、私も目を閉じよう。

浦島太郎。竜宮城へは戻れない。






iPhoneから送信
2017.03.08 Wednesday 02:36 | - | comments(0) | -

カーティス

ムッボーバッ


ユーチューブ。石ちゃんと、自分らの音楽を手伝ってくれそうな音楽を探す。

ブラックミュージックは、ほんまに…

素敵やな。当たり前か。ほんまに。素敵や。宝の山や。

しみじみ。

日本人か…

この壁。いうてもしゃあないが。
やっぱ、ある。
この理解は大事や思ってる。
だからこそ、感覚を学ばなあかん。
コード感とか、ラップの韻とか、
次の話で良い。もっと芯に迫らなあかん。

音楽と、友達になる。

昔から比べて、音楽の趣味がガラッと変わった。
昔、好きやったもの。いまは、懐かしい だけ。

聴きたいとも思わない。私は冷たい。しかし、嘘はつきたくない。美味い寿司に出会えたら、美味しくない寿司は、やはり、美味しくない、と思う。


やりたいことと、出来ることは違う。

なんでも出来るなんて、大間違い。
どっか弱さがある。

でも、近づけるかもしれないなら、なんだって学んでみるのが大事や思う。

私は、どうやら、自分が到底、出来ない音楽が好きになった。

しゃあない。

好きになったからには、敗北宣言。

負けたらよろしい。

負けながら、負けながら、

教えてもらおう。諦めない。
それに尽きる。あと、先生見つかったら早い。どんどん好きになれるやん。石ちゃん先生。石ちゃんも、スティービーワンダーとボブマーリーで出来てる。

生まれて初めて、否、昔、伴瀬くんが横でギター弾いてくれたり、他にもちらほら。バンドしたこともあるが。

ファミリービジネスは、役割分担が出来てる。めいめいが、創る。

だからこそ、ぶつかって、下手くそ!ダサ太郎!クサ太郎!お前とはもうやらん!クソ野郎!と罵りつつ、しかし、ちょいちょい、一緒に出来ることが増えてきてる。

石ちゃんに、自分が求めてる感覚を伝えれるようにもなってきたし、石ちゃんも頑固一徹じゃなくなってきた。

飯も笑いも怒りも悲しみも。映画も音楽も。ビンボーも、ちょっとリッチーも、
共にし、家族も分け合い、我々は他人やったのに、家族になった。
世界で一番、嫌いな奴。しかし、世界で一番、信頼して、リラックスできる。屁で会話する。尊敬もしてる。喧嘩して、自分がこれほど人を憎むのか…と驚くほど憎んだこともあれば、やはりその逆もあるのだ。私を成長させてくれる人。
なんやかんや、笑ってる。

ディスイズファミリービジネス

我々、カニエが好きや。キャラも好きや。いかにも天才。名言の数々。いつか日本に来ないか?カニー。カムトゥジャパン、カニー。アイウェイティングユー、わかりますか?おーけー?おーいぇー?あーはー?メニイヤーアゴー、フワィ、フジロック、来なかった?楽しみにしてたよ?日本人、待ってたよ?アウトキャストは来たよ?ヘイヤー?キャニュウヒヤーミー?カニー?

わたしは、非常に、気まぐれな性格、そして、なかなか特殊な職場。
石ちゃんも、自分のバンド、片想い、というお茶目なバンドがブイブイ幅利かせてる。お茶目バンド。お茶目なピアニストは人気者。お茶の間のアイドル。

なかなか、大助花子よろしくファミリービジネスだなんて、誰が知るよしもない。
やるツテもない。

しかし、温めて行こう思う。大助花子。

ちょいちょい。
たとえ、年に一回でも。大助花子。

どこぞなで音楽をやるのだ。ファミリービジネス。大助花子。

そして、音楽と友達になる。大助花子。

日々。大助花子。

これまた、音楽も。大助花子。

学んでいかなあかんな。大助花子。
わいと石やん、大助花子。
切磋琢磨に。大助花子。
笑いながら怒りながら。大助花子。

日々。音楽。日々、読書。日々、絵画。日々、大助花子。

一体、わたしは何者?

わたしは何者でもない。
平凡な、取り柄のない、才能もない、
己の気まぐれに誠実であるがゆえに、
当然の孤独を。それを学びの時とする。
誠実に気まぐれ。気まぐれに誠実。
不思議やな。精一杯に、気まぐれを生きてる。嘘偽りない。私は、気まぐれ。
しかし、気まぐれの中に、常に存在する。なんやろな、気持ちというかな、

なんやろか、憧れというのかな。
愛といえば、カッコつけすぎやし…
しかし、待ってるといえば、待ってる。それで、それが来たときには、それが始まる。

義務のないところに現れてくる精一杯。一所懸命に、一生懸命。

それにしても。京都。奥田さんと一緒にやる。

石ちゃんも、奥田さんには注目してきた。

出会いはずっとずっと昔。

不思議な縁や。

わたしのお兄ちゃんも。

あいつは、天才や。

という。

しかし奥田さんのおもろいのは、ただの天才じゃないところ。

なぜそう思うかって?

そりゃ、わたしのいくつかのジャッジポイントなわけでして、他の人がどういうのかは、まあ、わたしには判らぬ。

友達というより、
そうやな、友達とは思えない。

先輩。その言葉がしっくり来る。

忍忍。




iPhoneから送信
2017.03.06 Monday 17:22 | - | comments(0) | -

昼間から

IMG_2732.JPG
飲み歩き。

2017.03.05 Sunday 21:17 | - | comments(0) | -

本日は

IMG_2733.JPG
鎌倉に行ってきた。

おもろかった。

読書が進みますように。
どこまでも、自由に。どこまでも伸び伸びと。

私は、これが学びたいと、これが知りたいと。腹の底から思えたこと。

あのときの興奮、今でも続いてる。


鎌倉住みたいな。
老後の計画。

読書と散歩。

まあ、今でも充分に。
幸せな日々である。

歩きすぎて膝が痛い。

痩せよう。

忍忍。




2017.03.05 Sunday 21:17 | - | comments(0) | -