アサダムーチョ

10月9日 水曜日
渋谷SONGLINES

10月31日木曜日
新高円寺 STAX FREDにて、
私の企画イベントが決まりました。
出演順 アサダマオ 山田庵巳 浅田純平 畑崎大樹 
18:30 open 19:00start
2500円+ドリンク 来てね!

(大阪ツアー)
11月2日土曜日
大阪ロフトプラスワンウエスト 
5周年のお祭りイベントに呼んでもらった。

11月3日 日曜日
梅田 ハードレイン
梅田といえば、ハードレイン。

よろしくどうぞ
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

<< 好きな色 | top | no title >>

めまい

がして、ふらふらする。
これはいけない。と、思って、とりあえず寝不足かな?と思って昼寝した。

夜は英語基礎。

基礎から英語をやれる環境は、ほんまにラッキー。
同じ気持ちの人が多くいるんやろな。
授業中の空気が、緊張感と好奇心と安堵と疑問に満ちてる。
気持ち良い空気、私はそういう空気が好き。
霧ヶ峰の空気も美味いのはわかるが。

絵を描かなくちゃいけないが、いかんせん、時間が作れない。
だから、今夜は徹夜で描くつもりで昼寝したが、気持ちが焦り気味。
こんなイライラの中では良いものは描けない気がして。
だから、辞めた。
明日やる。
油絵は、オイルで絵の具を溶くんやけど、探したら、早く乾くオイルも売ってる。
それに変えたらほんまに早い。すぐ乾く。
知らんかった。

だから間に合う。多分、


安堵。多分、

じつは、コンペというのがいろいろある。

せっかくたくさん描けるんだから、じゃんじゃん挑戦したいと思ってる。

私は、なによりも、反応がほしい。

つまらないね、と言われても嬉しい。

なぜそう思うのか?

わからんね。
ただ。自分に興味はある。
私が本当に求めてるのはなに?
認識されることでも記憶してもらうことでもない。
私は、私の今、という時間を生きてるわけやけど。

その、線上の点でしかない、今、に生きてる自分が、あまりに孤独な気がする。

だから、反応がほしい。

出会いたい。私の今に反応してくれる存在と。

それは、やはり他者である。

他者の介入により、自己の存在はある。

私は、そう思う。

自己を認識できない。それが孤独の欠点で、芸術家が気をつけなくちゃいけないところやと思う。
ひとりよがりになるから。

私は、ひとりよがりになりがちや。
他者より孤独を愛するから。
しかし、孤独を愛するがゆえに、他者を愛することもできる。

だから、どちらがどうかは、わからんね。

とにかく。

私は、話がしたい。
私は、作品という言葉で感情を見つめたい。
交流のために。

他者と自分自身と偉大な魂たちと。精霊と、天使と悪魔と神と死者と、
芸術と。

芸術そのものと。時間と。

やはり、私には、時間が神に価する。疑うためにいろいろ考えるが、いまのところ、覆せない。
しかし、言い方は、神にはいろいろな姿があって、そのうちの一つとして、時間を挙げる。
宗教を見渡せば神は、その時点でたくさんいるから。

自分に言い聞かせる。

私は、神が与えてくれた時間を生きてる。
私は、選択しない。
私は、全て受け入れる。
全て肯定する。

めまいがする。

私は、早く私が死ねば良いと思う。
私が死んで私は生まれる。
その瞬間から、私の時間の色は、純粋というだけのものになる。
執着のない、喜びに繋がる。

私は、そこに行けると思う。
そこに行くために、私の人生に、芸術を与えられたんやと思う。

だから、私は、自分は芸術家としか思えない。

社会人でも妻でも娘でも、女でもない。

私は、自分が芸術家という自覚があるから、一切がどうでも良いほど、走ってしまう。

走れることにしか興味ない。

いまは、めまいするほど走れてる。

ちょっとスケジュール見直すけど。

やっと。

長い時間かかった。

やっと、自分は、幸せに、なれた。

探した、足掻いた、その苦労が実った。

孤独という、花が咲いた。

私は、孤独であれど。

花が咲いた。

それは、嬉しい。誇らしい。愛おしい。





iPhoneから送信
2015.06.12 Friday 23:45 | - | comments(0) | -

スポンサーサイト

2019.09.13 Friday 23:45 | - | - | -
コメント
コメントする