アサダムーチョ

family business
Issy and Mao

10月3日火曜日
三鷹 おんがくのじかん
21時10分から40分間、family business
時間をいただきました。来てくだいなー

先着1名、アサダがハンケチーフに絵を描いた、通称、エルメスシリーズプレゼント!

おいでませ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

<< 良いねえ! | top | 眠る日は週に一回は欲しい。 >>

ギター弾きの謎

ずっとずっと繰り返しなぞりながら、
ちょっとずつ出来ていく。
音楽を作るのだが。

一応、思いつくままに並べて出来るんやけど、ちょっと足らんな…
とか、
ちゃうなあ、

と言いながら、まるで予期せぬ素晴らしい他者の助言を待ちわびる。

しかし、思いついてるのは自分である。

自分の中に他者を見出すような、
予期せぬ自分に

自分なんてないのが、師匠の教えやけど、演奏するのは自分やし、曲を作ってくのも自分やし。

思いつく限りを試して行く。

決まらない。

しかしさっき、

嘘みたい!

と思たほど感動的に、綱渡りに成功したけど、
思い出せない。

まぐれ。

素晴らしくて、驚いた拍子に忘れてしまう。

私は出来ないことが多い。
知らんことが多い。

だから、たまに出来たら驚いて、

驚いた拍子に、忘れる。

まるで、眠る犬が、屁をして、その屁に自ら、驚いてクルクル回って。驚いてる最中に、ふと、なんで立ってるんやっけ?寝ようか。

屁のことすら忘れる犬。

何度か見て、ゲラゲラ笑ったが。

我が身を振り返るに、身に覚えある。


逆の発想でいかなあかん。

いうて。
なんも先に思いつかんときに、私はよく言う。

逆てなんやろな?

わからんけど。

近づいていく気はしてる。

どこにとも言えないが。

こうやって、一曲ずつ。作っていって、しっかり録音も残していって。

これから10年、20年、30年、40年、50年。

84歳か。

まだ生きてるかもしれん。


ギター弾いてたいな。
ギターで、具体的なメロディを弾いてたい。


いっぱい。

これからも、音楽と過ごしていけるんや。生きてる限り。求める限り、音楽は応えてくれるだろう。

ギターが好きや。
昔はどうでも良かった。
しかし、いまは、具体的なことを、具体的なメロディの伴侶として、ギターが好きや。

上手くなりたい、ていうより、
もっと自在に、音楽を、メロディを思いつけるようになりたい。

私は、良いメロディが好きや。

楽しいから。






iPhoneから送信
2017.05.19 Friday 14:47 | - | comments(0) | -

スポンサーサイト

2017.11.20 Monday 14:47 | - | - | -
コメント
コメントする