アサダムーチョ

family business
9月22日 ライブします。
@lights out lounge room
open 19:30
2500+1drink
day 3000+1drink
live
family business
伴瀬朝彦
DJ
DORON

      
アサダマオ solo
10月2日 おんがくのじかん 周年パーティーで歌います
12月4日 おんがくのじかん マオ ワンマンです。

よろしくお願いします。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

<< 歳かな | top | ライブしまっせ >>

大好きだ

IMG_3351.JPG
100円。

もちろん、ナポリタンやがな!

私は、ナポリタン好きや。自慢じゃないが美味く作れる。私の味を盗んだ石ちゃんも、まあまあ美味く作れる。
しかし、私のナポリの味は、尼崎のおかんから盗んでる。この秘伝のナポリタンは、本場ナポリにも通用するだろう。

じつは、秘密の調味料を入れる。

極秘だから、書かない。

いろんなとこで食べるが。
サ店には、まだナポリタン文化がある。
私の肥えた舌で、舌鼓、ポンいうのは、新橋にある、ポンヌッフさんくらいや。

ポンヌッフさんは、シェフのフライパンの振り方、あのシェフを見ただけて、100点中、95点。
味は、味でないとこから来る。
歴史。文化。シェフの生き様。シェフの背中。ナポリタンの神。ナポリの使いやあらへんで。


洗面器の中の茹で置きパスタというより、麺は、むしろ、あのまま調理いらずの業務用だろう、業務用感を隠さないところ、それを、菜箸で、ぐーんと天高く持ち上げては、フライパンに入れる、このとき、手がプルプル震える。こういうとこに、感動点が加算されてく。

分量も適当らしく、たまに洗面器に戻したりしてる、さて、こっから。

トンっ、トンっ、トンっ


君の心にも響くだろうか。
年齢不詳の、背中の丸まった爺さんが特製というか、これもトマト缶並ぶキッチン、味に秘密はない。なぜなら、シェフはナポリタンの神。
神自ら、絡めてくれる。絡めては、トン、絡めては、トン、味が浸透していく。
君の心にも響くだろう。

食べるやいなや、

こ、この、ナポリ、麻薬でも入ってるに違いない…

純粋、誠実を忘れた君は、君のよく知る汚れた世界の方程式で、その味を測ろうとする。

しかし、よく見てごらん。
スポーツタオル首にぶら下げて、踏み潰されたコックシューズに乗っかった踵の穴空いた靴下。

まばらな、白髪の頭はひよこのようだ。
小さな小さなシェフの身体。

傾いた首。

神は、ナポリタンにただ、従事したのだ。
ナポリタンの犠牲になった。と言っても、過言でない。


私は神と仕事をした。

かの、カニエウエストは、インタビューに語った。

かのシェフに誰もインタビューなぞしない。

神は語らず。

しかし、その味が君に語るところ、

またいらっしゃい、今日は、ありがとう



ただそれだけだ。


嗚呼。





2017.09.15 Friday 12:24 | - | comments(0) | -

スポンサーサイト

2018.09.21 Friday 12:24 | - | - | -
コメント
コメントする