アサダムーチョ

family business
Issy and Mao

10月3日火曜日
三鷹 おんがくのじかん
21時10分から40分間、family business
時間をいただきました。来てくだいなー

先着1名、アサダがハンケチーフに絵を描いた、通称、エルメスシリーズプレゼント!

おいでませ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

<< 疲れ | top | 引っ越し >>

イケメン

IMG_3397.JPG
妙とは。じつに、味わい深い言葉。この言葉に味があると知るか否かは、その人がいかに、その人自身を生きるか、に支えられた視点や思う。

私は、妙は、奇妙とは解釈しない。
妙とは、なんらか、働きのある縁である。自分を、相手を、役に立たせるもの、言い換えれば、掛け替えの無さ。
ナッシングコンペア、トゥユ、プリンスが歌うあの愛であり、


実際、この兄貴、私に愛を教えてくれる。


妙な縁である。


大好きな大好きな、

友人、と呼んで良いなら友人であり、

しかしながら、私のなかでは、先生である。

いつか、私がぶつかることを、いつか、私が、要するに、私が。私が出会う私の限界について。その境界の話をしてくれる。

私は、この師匠になにもしてやれない。

それが故に、尊敬するしかないのだ。

凄いんだよ、この先生。

その教え。その経験が、必要な人にしか、わからない。
でも、私が必要としてる、


なんやろな、


うまく言えないが。

眼差しが、
ある。

どさくさに、隠れて、ほっぺに接吻。

私は、この兄貴が、大好きだと思う。

これを公言できる、健康さ。

これもつまりは、石ちゃんかいてくれるから故に。


結婚して良かったでしょ?
と、言われる。

我々は答える。

やっと、やっと。

そう思えるとこに、来れた。それもこれも、親を始め、友人や、音楽や、笑いや、グルメ、会社、つまりは、社会が。

我々を導いてくれた。

ありがとう。

感謝。

先生たち。私を自殺から救ってくれた、家族。芸術。思い出。師匠。先生。学問。哲学。映画に、小説。


そこまで死ぬつもりはなくとも。
誰にだってある程度に、自分にもあった。

私は、人間が好きや。
音楽が好きや。
ダンスが好きや。
芸術が居場所や。

いつも、孤独。

いつも、不器用。

いつも、出来ない奴。

しかし、な。


ここやな。
私の椅子は。

ここに。

まずは、ここにある。

だから、ここでこそ。

なにかを、ほんとに、尊敬して、愛して、感謝する。


私には、恩師がいる。

先生。ありがとう。


言い尽くせないから、言わない。
しかし、伝えたいな。






2017.10.24 Tuesday 23:51 | - | comments(0) | -

スポンサーサイト

2017.11.20 Monday 23:51 | - | - | -
コメント
コメントする