アサダムーチョ

family business
Issy and Mao

10月3日火曜日
三鷹 おんがくのじかん
21時10分から40分間、family business
時間をいただきました。来てくだいなー

先着1名、アサダがハンケチーフに絵を描いた、通称、エルメスシリーズプレゼント!

おいでませ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

<< 空海 | top | 誰も言わないけど、 >>

言葉は

不思議

言葉以前に、人間は感情がある。
感情のもやもやした感じを科学した結果の言葉であるように、
私は、思うが、事実は知らぬ。

しかし、辛いという度合いを示す、形容詞かな?辛いは、形容詞?よな?
形容詞をさらにランク付けるのもまた、形容詞よな?
アホなんで、こういうとこ、厳密性に欠けて、ユルイですが。

しかしな、言いたいのは、そこの弁解じゃなくて、辛いという言葉に対する形容詞の豊富さ!

めっちゃ辛い、関西
バリ辛い、関西
アホほど辛い、関西
ゲキ辛い、関東
ピリ辛、本州
チョイから、雑誌のレオン
ドッ辛、明太子の表示で見た
鬼辛、知人ギタリストのインスタで見た
痛い、これは、ベロが痛いだけの辛さ
ハバネロ、これも、ばあちゃんが明太子好きで、明太子辛ければ辛いほど、ばあちゃんには美味いらしく、ハバネロの明太子をしきりに、東京へ、マオ、(私です)のとこへ送ると言うてくれるが、私は、辛いという味はあまり好きじゃないので、いつも断るが、ばあちゃんは、マオはハバネロが好きやろ、と思ってしまってる。齢90のばあちゃんに新しい知識、例えそれが、可愛い可愛い孫の譲れない明太子への信念だ、とて、


だとて、て、おかしい日本語よな…


まあ、

だとて。インプット、日本語で、要は、認知されぬのだ。

君は
言葉に出来ぬ感情を、まだ持ってるか?
もし、まだそれがあるなら、大切にしたまえ。君は、そして、芸術家になるしか、昇華の術は無いのだ。

君。

才能なんて、どこ吹く風だ。
君が。それをやらずにはおれない、その情熱が。

君が、守るべきものだ。


私は、誰かにそんな話をされたわけではないが、どうしてか。
そういう教育を授かった。

多分。私が。生まれてきた、意志が、そっから始まる気がするよ。


兄貴。俺は、そう思ねん。


私は、俺、というのがしっくり来る。
小説とか、歌詞とか。

俺、

この字は、虫みたいな形してる。
手のひらに乗っけると歩き出しそうだ。

虫がなにを食べるか知らぬが。

米粒とキュウリを与えよう。


なあ、俺。美味いやろ?
酒呑む?

なあ、可愛い可愛い、小さな生命、俺よ。


不思議やな。言葉は。文字は不思議なり。

明日も、ぎゃんばる!

忍忍。

て、日付け変わってるやん!あと2時間したら仕事やん?

チャリンコ。


忍忍。




iPhoneから送信
2017.11.07 Tuesday 00:48 | - | comments(0) | -

スポンサーサイト

2017.11.20 Monday 00:48 | - | - | -
コメント
コメントする