アサダムーチョ

family business

音源制作中!まだできてません!
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

<< 師匠 | top | あと >>

カッケェ

IMG_3493.PNG
私は、シンプルな仕組みの上にあるラップのヒップホップが好きや。誰がどうのとかは、知らんが、耳に引っかかる硬派な感じ。
オールドスクールいうんかな。

ヒップホップも誕生浅いとはいえ、こんだけ、歴史が凝縮された音楽のジャンルも珍しい気がする。

そうよな。ブラックミュージックの美味しいとこで出来た音楽やもんな。

これも。ジャクソンファイブかな。


こういう音楽やりたい。
あと一人、誰か、見つかれば良いな思う。

DJ石ちゃんで、
ラッパー二人。
ラップ書けて、ラップ歌えて、そこそこ踊れて、みたいな、しかも、髄のある、骨のあるラップ書ける、メッセージのある、主張のある、内容のあるラップ。

黄金のリリック。

日本語は難しいな。
かといって英語は知らんし、日本人が英語でわざわざやるんも、なんか、ああ、結局そうなん?てなる思う。

まあ、勉強していくよ。
それしかない。

石ちゃんの言うこと、
よく聞いて。
しっかり、
ブラックミュージック聴いて。

でも、私は、ブラックミュージックがやりたいんじゃない。
黒い演奏という言葉があるけど、
べつに、黒い演奏がしたいんじゃない。

グルーブは、黒いもんかもしれん。
たしかに、日本人の音楽にはないやろけど。


しかし、私は、なによりもまず、自分の音楽がしたい。

たとえ、ローリンヒルと同じステージに立ったとしても、

ローリン、あなたの音楽に、私は、ほんとに、ほんとに、しびれました。


だからといって、あなたの真似はしません。あなたの音楽は盗めません。

私は、私の音楽を作っていきます、

それこそ、あなたのように、

という塩梅だね。


私は、あほだから英語はできない。

石ちゃんは、トイック、凄い点数持ってるらしい。ボブマーリーと、インド放浪で覚えた英語。

自分が、人生のパートナーに選んだ人間ができることを、
わざわざ私はやる必要ない。

石ちゃんがやらんことを、私はやる。

それこそ、冒険の始まり。

それでこそ、互いに意味のある、互いに刺激のある、
チャレンジできる。


ヒップホップに!


まさに、それこそ、勉強せなできないわな、


ライクーダーよろしく、

おれたちも、頑張ろうや、

エビシンズゴなビーオーラい


フージーズも歌う。
この人らも、やってんねんな。


ボブ兄。

ボブマーリー。


やっぱ、凄いよな。

大好きや。

イギリスは、良い国。

ジミヘンも、イギリスで評価された。
わたしの尊敬する、奥田先輩も、イギリスでライブした。

飯はまずいやろけど。

ビートルズ、
ジョージボーイ

イギリスの作家は知らんな、

スティーブンソン、イギリス人やったかな。


あの、あれよ、

有名なやつ、あるやん?


ケンブリッジは、イギリスやっけな?



ビビアンウエストウッド

ポールスミス

ステラマッカートニー



いつか、行きたいな。



今の仕事やったら無理や。

50さいになったら、辞めたい。


忍忍






2017.12.22 Friday 23:39 | - | comments(0) | -

スポンサーサイト

2018.04.22 Sunday 23:39 | - | - | -
コメント
コメントする