アサダムーチョ

family business

音源制作中!まだできてません!
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

<< 天才 | top | ぼちぼち >>

久々に

IMG_3569.JPG
弦を張り替えた
チューニングまだ安定しないけど
ほんまにこの楽器すごいねん。
めっちゃ鳴るねん。余すとこなく鳴るねん。

いろいろなギター弾かしてもらったが。友人やら、対バンの方、
しかし、こんなに鳴る楽器はなかなか無かった。出会わなかったな。だから、私はこのギターはなんぼ積まれても売らん。これは、父さんからもらったギターやし。父さんは、昔、プロテストみたいなんに合格したことあるて。アルハンブラ宮殿いう曲、演奏家としてやった時期もあったが、飯が食えぬから辞めた。だから、兄ちゃんのギターをたまにつまんで弾いてる姿を見たら、楽器を弾くというより、鳴らすという弾き方や。
この楽器は父さんが、真剣に鳴らしてくれてたから、鳴る楽器になったんや思う。楽器の音色も変わってくる。深みが出てくる。

自分は、この楽器やからこそ作れた音楽がいっぱいある。
それに、いまでも
音楽のかけらが、弾くたびに現れる。

良い楽器で演奏してると、練習も。
多分、耳が良くなると思う。良い楽器は、値段じゃなくて、鳴るか鳴らんや。エレキは知らんけど、ガットギターはそうやな。

おかげで、私、耳、多分悪くない。このギターのおかげや思ってる。
歌ってても、ひどく音を外すことはないし、サウンドに応じて、声色をコントロールも出来る方やとも思う。
リズム感、グルーブ感いうのは、ないけど。

自分の音楽的な弱点は把握してるから、勉強もできる。自己分析て、アテにならんけど。わりと、どんだけすごい人でも、自分のことはわからんらしい。

まあ、音楽に関しては、師匠を見つけて、いろいろ教わってる。

どんどん、違うこと、違う歌い方に辿り着きたい。

昔と変わらないなんて、よくない。
サボってる証拠。

人は、誰かについて、昔は良かったなんて、簡単に言う。

これほど、じつは、頭にくる言い方ってないよな。

師匠が、昔話を吹っかけられてるのをたまたま耳にした。

そいつは、悪気は無いんやというのもわかるが。

昔に閉じ込めてしか、対象を認識できないというなら、おそらくそこには、昔話において、その対象の現在、未来を、殺さなあかん理由があるんや思う。敗北感が。敗北を昇華するために、人は、だれか対象と選んで、昔話に閉じ込める。

ほんまに勝利を続けてる人間は、きっと昔話なんてしない。自分についても、他人についても。

ただ。まっすぐに、将来を見る。そのために今がある。その今を、決して、おごらず、謙虚に、真剣に、練習するか、作るか、勉強する。

なににもなれないのは、わかってる。

それでも、私は、授かった人生をそのように生きたい。

あんた、変わったね、と、誰かに言われたら、
成長したってこと。

私はそう思う。

だから、誰になに言われようとも気にしない。これは、同郷のドラムの兄ちゃんが、教えてくれた。

私は、あほやから、ほんまに、いろいろな人が大事なことを教えてくれた。

彼らはきっと未来を見てる人やった。

今なにしてるかなんて、知らん。
なんかやってるに決まってる。

だから、いつか再会したときに、
生きることを手抜いてるな、こいつ、と思われんですむように、
ちょっとは、面白いやつになってきたな、と、思ってもらえたら、そういうのて、じんわりと、

嬉しいもんではないかな。

結局、人間や。心が全てを運んでくる。

良い心を持ってたい。
表現には、それが大事。

忍忍。











2018.02.07 Wednesday 15:19 | - | comments(0) | -

スポンサーサイト

2018.02.22 Thursday 15:19 | - | - | -
コメント
コメントする