アサダムーチョ

family business

音源制作中!まだできてません!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

<< 姉ちゃんと | top | よくわからんが。 >>

泣けちまう

IMG_3943.JPG
かけがえのなさ

かけがえの無い

と、我々は、何度言えるだろうか。

かけがえの無い時間

経験、出会い、命、愛、家族、夢、後悔、仕事、表現、人生。人生。人生。

わたしが、一番好きな哲学の先生は、凄い広い範囲で教える。
あの先生が好きな生徒は多い。いつも、満員。

わたしも、好きや。

めちゃ賢い人やいうのは、いうまでもないが。

ほがらかで、おおらかで、自由で。
どうでもいいじゃん?とか、言いながら、大切なことをいつも言う。ノートは、先生語録で埋まる。もう、四年くらい、ちょいちょい講義聴いてる。何回も聴いた話も、フレーズも。
やっぱり、メモってる。

哲学。

今の大学、卒業するには、あと三年くらいかかる。

だからまあ、40までに卒業しようかな、思てる。

学費も超安いから。

ゆっくりやれば良い。

しかし、卒業したら、もうちょいちゃんとやりたい。もうちょい高くていいから、もうちょいちゃんとしたとこ行こう思ってる。やらな損やな思って。
勉強してると、自分が変化していくのが、わかる。不思議。
自分の外に出るのが幸せやいうて、こないだなんかで読んだが。
勉強いうたら、外に出ることやもんな。
おもろい。

大学て、好きな先生いっぱいおる。

だから、わたしは、人生の学問で選ぶ。
宗教と、哲学。

全ての学問の裏には哲学があるいうて、先生が言うてた。
わたしは、思った。全ての表現も、その人の哲学の結晶やったりする。

かけがえの無さ、

いうのは、そういうとこから来る。

わたしは、坊主やから、どうもなあ、

シドニーオコナーが好きなの?

と言われるが。

これは、ローリンヒルやいうねん。

そしてシドニーオコナーの、ナッシングコンペアも素敵やけど。

わたしは、プリンスが歌うのが、ほんまに、胸いっぱいに響いてくる。


実存主義いうのは、かけがえの無さを問う、見出す哲学やいうのを、先生の授業で聞いた。

わたしは、サルトルの嘔吐が、超好きや。あんなかっこええ小説は無い思った。頭をぶん殴られたような、衝撃やった。

ものすごい冷たさを感じたが。

ものすごい優しさ、温もり、尊重も受け止めた。

かけがえの無さ

いうのは、そういうこったなあ。

少し酒を飲んだ。

今日も、かけがえの無い時間を過ごした。

音楽は、今日も。かっこよかった。
文学は、今日も、かっこよかった。
憲法は、今日も、叡智が詰まってた。

わたしは、今日もダサかった。
わたしは、今日もアホやった。
わたしは、今日も、どんくさかった。

わたしは、今日も、ドキドキした。
冷や汗かいたり、苦笑いしたりして。

あっと言うまに、終わった。

明日も、楽しみやな。

明日は、西洋史。

またこの先生が、ババアやねんけど、

好きやねん。

ムカつくババアがおって、どうも、この人とは、合わない。酒の一滴も共にしたく無い。とまで思う人て、わたし、なかなかおらんねんけど。初めてやわ。
さすがに、そのババアの授業は、金払ったが、辞めた。

知るかボケ

口が悪いわたしは。何度思ったか。

その金を捨てたとは思わない。

これまた、かけがえの無い経験。
そういう意味では、あのババアに、感謝感謝感謝。

明日も、楽しみや

あほみたいに忙しいときは、あほになれるチャンス。

なんも考えずに。
流されよう。

そこに、わたしが生まれてきた理由がある。

なににもなれず、どこにも行けず。

中途半端な平凡。

わたしは、これを愛する。

感謝する。

音楽が好きや。

忍忍。



2018.06.13 Wednesday 22:24 | - | comments(0) | -

スポンサーサイト

2018.06.21 Thursday 22:24 | - | - | -
コメント
コメントする