アサダムーチョ

     
アサダマオ ソロ
12月4日 三鷹 おんがくのじかん 
マオ ワンマンライブ。
よろしくお願いします。来てください。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

<< 12月4日 おんがくのじかん マオ ワンマン | top | ついに! >>

ふと

IMG_4180.jpg
最近、この人の歌声が聴きたくて仕方なくなる時がある。インスタで、写真たくさん見た。凄い自由なファッションの人。お洒落いうか、芸術性が高い。だから、スタイリストが凄いかもしれんけど。いつも、胸がスカッとする。面白くて素晴らしいファッション。カメレオンみたい。木とかに合わせて色を自在にするやろ?て、聞いたことある。昆虫も。葉っぱそっくりに化けてたり隠れてたりするやん?ああいう感じ。

なんせ、見た目が好きや。なんか癖になってくる。

あんまり好きじゃなかったのにな。魔女みたいで、不気味やな思ってた。でも、なんでかな。最近、凄い人なんやなと思うようになった。

私も、こんな風に歳とりたいなと、見てて思う。持って生まれた歌声とともに、最期まで歌う。音楽であり続ける。新しさとの融合。常に、自分を、抜け出ることを楽しめる。変わらない歌声。変わり続けるファッション。
それでこそ、老いの渋みが出るのかもな。

まあ、才能やろな。
老いの才能。
それは、いつまでもただ、若くあろうとすることじゃなくて、ちゃんと。老いていかなあかん。真正面から。受け入れていく。

新しい自分との出会い方として、

老いというのは、とても良い計測ではないかな、
心、身体、味覚、嗜好、趣味

最近のエリカバドゥ写真見てたらな、
なんでかな、
そんなことを考えた。


なんてったって、渋いわ。



忍忍。






2018.09.04 Tuesday 20:17 | - | comments(0) | -

スポンサーサイト

2018.11.15 Thursday 20:17 | - | - | -
コメント
コメントする