アサダムーチョ

family business
Issy and Mao

10月3日火曜日
三鷹 おんがくのじかん
21時10分から40分間、family business
時間をいただきました。来てくだいなー

先着1名、アサダがハンケチーフに絵を描いた、通称、エルメスシリーズプレゼント!

おいでませ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

疲れ

るけど、

この歳になっても、
まだまだ知りたいことが
あるんやな、
と思う。

考えてみたいこと。

不思議やな。

ある事柄がわかったとき、
わかったとは言えない
ちょっと近づけたとき、
自分が何が知りたかったのか、それさえうまく言えないくらい、ぼんやりした、気になり感じ、が、
見えて来る。

逆説。

答えがわかってこそ、問題というか、自分の抱いてた疑問がわかる。

自分がわかる瞬間。

あっ、と思う。

このとき、自分は、なにと出会えたのだろう?

自分は、自分に出会えた気がする。

私は、子供のときから、わりと哲学的な考え、物の見方をしてたんやと思う。

いつも遠くから眺めてる。
いつも離れたとこから考える。

ふるいにかけて、残るものは、哲学や宗教や芸術についてであった。

自分は、自分に出会えたら、
面白いんやな。

不思議や。

良い先生から学ぶ。

ただ、それが自分には面白かったが。

なぜ、それが面白いのかな、

といえば、自分に出会えるからなのだろう。

先生の感覚を知りたい。
思考を知りたい。
心を知りたい。


なぜなら、何かと比較したときに、自分は見えて来る。比較なしに自分を把握できないのが人間やという。これは、心理学の授業で昔、聞いた。

良いものと比較するのが、面白い。
自分の情け容赦ないほどの、ぶさいく感。これは、悪いものと比較したら、埋もれる。
寂であれ。


人間、かっこよくなりたいが為に生まれてきたんかもしれん。

しかし、情け容赦ないほど、ダサい、ぶさいく、不器用、ナンセンス、アホ、怠慢、欲張り、見栄っ張り、

これ故に、生まれて来たのだと思う。

師匠の本にあった。

天国に飽きてしまうことが、ほんとの地獄であるし、地獄にも涼しい素晴らしい心地よい天国の一瞬があるのが、地獄やと。

そういうわけでして。

私は、これが、天国なのかもしれないな、と、

たまに思う日々である。

死んだら、

もう、生まれたくない。

それでも、生まれるなら、

私は、教師になりたい。
自分が大好きなことを、自分のほんとに大切なことを、教える。つまり、それを学ぶ魂とともに、学ぶ。

絵の先生が良いかな。
じーっと、眺める。

そして、引き出してやる。

こう言えるのも、私は先生に恵まれた人生を授かった。
不思議である。
友達は極端に少ないけど。
友達が、おらんこともないのが、また、不思議である。

友達でいてくれる人間に感謝せなな、と思う。

さて。勉強しよ。

今、面白いんだ。嬉しい。












iPhoneから送信
2017.10.20 Friday 19:16 | - | comments(0) | -

わーいわーい

IMG_3392.JPG
もろた。
引っ越し屋がくれたそうや。
私は、r2d2好きや。

この夏やっけな?スターウォーズ全部見る計画して、何個か見た。

あんまりやな。
私は、SF映画は、
松本人志のシンボル
あれは、SF映画かわからんが、

あと、2001年宇宙が好きや

明日引っ越しなり。

疲れたー。

ヨダレ垂らして、眠る



石ちゃんの部屋から笑い飯の漫才が爆音で聞こえる。


眠い…

今日、学校。


やっと、意味がわかった言葉がある。

宗教的。

宗教的という言葉。

これは、宗教ではないけど、宗教的、という

この意味が感覚できなかった。

今日、
やっとわかった。感覚掴めた。

大きな一歩。
10月17日。


私の記念日。

明日からしばらく新しい部屋作りに没頭する。

私は、自分の生活が大事や。
やっぱ、部屋はなんでも良くない。

ちゃんとしたい。

自分が過ごす場所やから。

勉強や読書が、考えごとが進む部屋にせなな。


そして、音楽したいし、絵も描きたい。
小説描きたい。
勉強したい。真理は。
理解不可能やけど、限りなく近づける。

ある哲学者は言った。


私は、哲学、好きになってきた。
良い先生に出会えた。
先生が嫌やったら、とっくに、辞めてると思う


疲れた

寝る








2017.10.17 Tuesday 22:22 | - | comments(0) | -

探してた本

IMG_3391.JPG
見つかる。

たまに読みたくなるポールオースター。

この絵だけやったら、
乱歩のイメージやな。

アメリカ人は江戸川乱歩を読むだろうか?

エドガー アラン ポー

から名前をとった日本の天才。

引っ越し、早く落ち着いたら良いな。

自分の部屋を思いっきり気に入るようにするにはどうしたら良いかわからんが。

気に入る部屋で、

フカフカな気持ちで、
寒いから、あったかくして、本読みたいな。
楽しみや。

勉強したい。

そんな、お年頃の、わたくしである。



2017.10.16 Monday 19:03 | - | comments(0) | -

無駄やな

と思う。
ネット見りゃ、書いてある。
iPhone一つで、人は、現段階、人間が知り得ること、技術、歴史、これからの展望、

およそ、読むことができる。

こんな時代に、大学へ行く理由は何か?

しんどい。お金もいる。大した友達もできない。これは、私の性格の欠点やけど。

でも、大好きな先生がいる。
これ、おもろいな、かっこええな、と思うと、それを教えてくれる人を、先生と呼び、尊敬し、いつの間にか、自分の意識は高まる。

ただ、それが、iPhoneに、私は持てない感情である。
iPhone、使いこなせないけと、使いこなそうとも思わんのが、また、私の欠点。

仕事明けから行く、土日に行く4回コースの授業。

結構。寝てしまう。

今日、最初日。試験ある。

今日、最後か、と思うと、寂しいのである。先生、寝まくってすいません。


ルイ九世という人について勉強してる。

一人の人間の歴史。

歴史に残る大天才。


この人は、ネットで見たけど、セントルイスという街の名前の由来らしい。

しかし、ルイ九世は、ユダヤ人差別を結構な勢いでしてるが、カトリックでは聖人となってる。

セントルイスブルースマーチいう曲があったな。

ルイアームストロングのアルバムで聴いたっけな、


かっこええねん。

聴きたくなってきたな。

試験頑張ろ。

もうすぐ引っ越し…


バタバタしまくり。





iPhoneから送信
2017.10.15 Sunday 11:57 | - | comments(0) | -

哲学

の授業聴いてきた。
おもろかった。
先生と何度も目が合うので、

よく、目が合うから、あなた、

と、私は何回か、当てられ、いろいろ言った。

緊張する。こういうの、嫌いである。
しかも。自分は、関西弁である。教科書も、なるべく気取って読んでるが、いかんせん、ですな。
私の関西弁なんて、かなり薄まってる。たまに実家帰って家族と話したら、
この人たち、関西弁エゲツない!

と思うようになったが、自分とて東京じゃまだまだ、東京のイントネーションができない。会社でもパニックになるほど忙しいとき、ブチ切れてるとき、
関西弁で吠えてる自分は、誰にも何も言われない。

ああ、あの子は関西から来た子だから、仕方ないわね、と思われてるのだろう。

しかし、今日は、たまたま自分に理解できたとこについて聞かれたから、答えれたが。
しかし、こういうの、言ったあとってしばらく、緊張から解放されてボーっとしてしまうから、先生がそのあと何言うたか、イマイチ頭に入らない。私、あかんたれやから、イマイチどころか、全然、聞こえてない。

効率、悪い。

どうか、先生、私になにも聞かないで、私になにも読ませないで、と思う。
先生は授業の活性化を目指して、参加型をやりたいのかもしれないが、私としては、先生がひたすら喋るのを聴いてる授業の方が、途切れない。勉強になる。

私の、日本人らしいとこかな。

さあ、今日は久しぶりに石ちゃんと晩飯ゆっくり食べる。

忍忍。


iPhoneから送信
2017.10.12 Thursday 16:30 | - | comments(0) | -

1人で

IMG_3387.JPG
カウンターで呑むのが好きや。
ビールが好きや。
ビール飲みながら、なんやかんや考える。
森高千里にMisiaが流れる店内。

最近、引っ越しやら、毎日学校ある。仕事もメンバー変わってアタフタ。

せやけど、ビール呑めたら

ふー。って、息吐いて。

よっしゃ。頑張るで。

と思う。

安い人生なり。
乾杯。

グルービン。

それは、学ぶこと。
よく、こんなことを教えれるんやな、と、感心してしまう。

私は、数人の先生に絞って、じっくり腰を据えて、学んでる。

大学入学して四年、、
どう考えても。あと三年はかかるな、思ってたら、一番大好きな先生が、

私はね、15年、大学生活送ったんですよ、みなさん。

と言ってた。
学問とは、愛することや。と、養老先生の本にあった。

私は、愛し方を学んでる。

軽蔑したり、軽んじたり。
結局。

そういう人間になってしまう。
私は、いややな。

黄金の魂を生きてる先生たち、師匠たち。

自分も、ただただ、憧れるのだ。



乾杯。
いつの間にやら3杯目。

もう止めよう。



2017.10.11 Wednesday 19:34 | - | comments(0) | -

不思議だな

一体、何が幸せなのか、と考えると、わからない。しかし、なにか言わなくてはならない、とする。
なにか言わなくてはならないならば、何が言えるか?考えたら、家族がみんな仲良くお互いに支えあって生きてる。夫が自分を大事にしてくれてる。仕事も、今のところ順調。趣味も楽しみ、勉強することもある。尊敬する先生も見つけてる。友達と呑めば語らう。みな、健康。それぞれの生活には、それぞれの夢が宿ってる。それぞれがそれぞれの生き方で、頑張ってる。

だから何?と言われたら何だろうと思うが。これが。幸せなのだろう。
平凡であるが、まさに、幸せとは、刺激的なものではない。
安らかで、朗らかで、健康的で、地味なのだろうと思う。

私は、幸せじゃないことから、幸せとはなんぞや、というのを学んだ。

頭をたくさん打った。

自分の中に見出した、地味さ。

若い頃には、ちっぽけだと思っただろう。

しかし、私は、さらなる地味を目指して、日々。これから、

日々を。愛したいものである。
まあ、目標立てるものではないし、頑張ることではない。
ただ、見失いたくないな。
これから何が起ころうと、また、何も起こらずとも。

不思議だな。歳を重ねると。
派手なのや、やかましいのが嫌になる。

どんな飾りの中でも、静かに輝く。
飾り負けもしなければ、片意地張る背伸びもない。

独坐大雄峰


仏教の言葉にあった。
師匠の本。漢字は忘れたが、多分あってる。

引っ越し先は、自分の部屋がある。


嬉しいな。

師匠の本を読んで、成長するには、とても良い空間であるように思う。
薄暗くて静か。その部屋には、窓もない。

研究室。

しばらくドタバタするやろけど。

楽しみや。
油絵の匂いに包まれて、
自分は、地味な地味な暮らしを、まるで、トランペットを磨いたみたいに。
ピカピカに磨いて、手入れをするのだ。

不思議だな。
自分は、ここで、生きている。
選んだ覚えはないが、辿り着いてる。

これからまた、どっかに流れるのだろう。

構わない。

美空ひばりも歌ってる。

人生って、不思議なものですね。



iPhoneから送信
2017.10.10 Tuesday 12:06 | - | comments(0) | -

睡魔

なんて面白い話やろ…
と思う。
私の頭に哲学は難しい。
しかし、ちょろちょろ、しつこくしつこく、ゆっくりとゆっくりとしか進まない私の勉強は。

亀。亀は、本を読み続け、書棚には、読まずに増えた、哲学書の数々。
散財。しかし、亀は長生きする。

しかし、無駄ではなかった。

やっぱりちょっとずつ。
ちょっとずつ。
名前だけ知ってたり、有名な言葉は、一度や二度、読んだり聞いてる。

そしたら、やっぱり、わからん。ではなく、難しい。という感覚まで来れた気がする。わからん。という悲しみではなくて、座れる場所を見つけた気がする。

嬉しい。


手も足も出ないところ、少なくとも、
何かが、分かり始めた気がする。

自分は、アホやから、やっぱり時間はかかる。

理解したいな。

いつか。
諦めなければ、いつか。

もっと近づける。

睡魔に落ちて10分くらいずつ、どの講義もねてしまう。

せやな。毎日2時に起きるんやし。

寝てしまうのは、しゃあないから、寝る技術を高めないとな。
寝たらあかんポイントを。

これは、哲学より難しい。

しかし、どうしてか。

わからんよな。これこそ、わからん。

ここにも、自分の憧れがある。

支離滅裂。

私は、一つに決めれない。
だから、一つを追求してきた人間には、絶対にかなわない。

しかし、こういう自分だからこそ、
誰から何を学び、どの書物から、何を読むか。

そういう学び方をしてる気がする。
要するに、楽しんでやれる。

誰かを尊敬し、自分を反省し、その繰り返し。

どこにたどり着くなんて思わない。

ただ、そういう生き方を選び続ける。

自分は、芸術を教わってるのだと思う。

哲学や、仏教。

これ、真逆のもの。


考えると、面白い。


毎日、2時間睡眠で足りる人間が羨ましい。

今日も、自分は、何かに、憧れる。

なんて若い魂。

今の生活に感謝する。
忍忍。


iPhoneから送信
2017.10.06 Friday 16:44 | - | comments(0) | -

ライブ

IMG_3377.JPG
でした。そのあと、反省会。
始発まで呑んで、いろいろな話をした。
自分にとって、哲学的な話であった。
たくさん話した。
いつも石ちゃんとしか話さない自分には、久々の時間であった。

良い夜。

次は、今回の反省を活かして、
この夜を。繋いでいこう。

友達がいる。
音楽仲間がいる。
キビシイことを言われもする。

感謝します。



2017.10.04 Wednesday 14:44 | - | comments(0) | -

一番最初に

IMG_3373.JPG
好きになったブラックミュージック

映画観た。
子供のとき。
なんて良い歌やろ、なんて良い音楽やろ、思ったな。

スタンドバイミー。

私にも、そういう思い出がある。

思い返せば。

思い出すのは、もう二度と会えない友達。

彼女も、私を思い出すだろうか?

ただ、自分の気持ちを、聞いて欲しくて、よく会いに行った。

一つ上の子やった。

彼女の友達でいられるのが、どこか、誇らしかった。

しかし、ある日。

いきなり、居なくなった。


夜逃げか、なんかやろな。


貧しい家の子やったから。
たまに、妹の服着てた。
明らかにサイズの違う服やった。
いつもダサい服着てた。汚れた服。

私は、いつも良い服を着せてもらってた。

笑われようと、いじめられようと、
彼女は、美人で、運動神経が抜群で、勇気があった。カッコよかった。口が硬くて、物分かりが良くて。心が大人やった。

私の話を、たくさん聞いてくれた。

そんな思い出がある。

彼女に話を聞いてもらえたら、
なんとなく、いっちょまえな、大人な気持ちになってたな、
と、

最近、気づいた。

ありがとうと思う。

伝えようもない。

35歳の彼女は、イケてるだろうか?あの頃のような、私のカリスマだろうか?

わからん。

一番最初に好きになれた、信頼できた友達やった。特別な尊敬があった。

会いたいとは思わないけど、

一緒に呑めたらな。

どんな話でも、聞きたいな。

あのあと、どないしてたん?




そして別れ際には、
また会える?

私は尋ねる。

彼女は、

うん。また遊ぼや。バイバーイ


私も。

バイバーイ


家に帰る。












2017.09.30 Saturday 22:54 | - | comments(0) | -