アサダムーチョ

family business
9月22日 ライブします。
@lights out lounge room
open 19:30
2500+1drink
day 3000+1drink
live
family business
伴瀬朝彦
DJ
DORON

      
アサダマオ solo
10月2日 おんがくのじかん 周年パーティーで歌います
12月4日 おんがくのじかん マオ ワンマンです。

よろしくお願いします。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

RECOMMEND

RECOMMEND欄のJ写

Archives

Links

Comment

Other

大切なことは

人生を楽しむこと


人生を楽しむとは、どういうことか?

わたしは、お酒が好きや、音楽が好きや、笑いが好きや

考えることや、空想するのが好きや

難しいな。

人生を楽しむって、どういうことか?

わからない。

きっと正解ではないやろけど。
なにか、夢中になるものがあると、
幸せな気がする。

こないだ、落語は、良かった。

落語て、幸せやわ。

笑ったな。

人生の楽しみ。







iPhoneから送信
2018.09.20 Thursday 17:34 | - | comments(0) | -

水曜日

仕事。いつもは、休みの水曜日。

疲れたな。でも、仕事やから、しゃあない。
いろいろなことが、勉強になる。
人の気持ちとか、物の言い方とか。
いやなときは、ほんまに嫌になる。
しかし。やっぱりここで学んでる自分がいる。

昨夜は落語を、見た。

心が洗われた。また頑張ろうと思う。

その人の人生が溢れてる表現。

そういうものに、感動する。
技術もある。せやけど、やっぱり、その人の生き様が溢れてる表現。
そういうのが、ええな。

私も、10年。20年後。

良いものが溢れてる表現をする人に成長してたい。

雀々さん。めちゃくちゃかっこよかった。
ジジイやけど。

ほんま。かっこよかった。


年齢関係ないな。

かっこよさて、どっから来るの?


頑張ろ。忍忍。

iPhoneから送信
2018.09.19 Wednesday 11:10 | - | comments(0) | -

9月22日詳細。

LITTLE RIO
2018 9/22 sat
@ lights out lounge room
open 19:30
adv 2500 yen + 1drink
day 3000 yen + 1drink

Live
family business
伴瀬朝彦

DJ
DORON

19:30 open DJ Doron
20:30 伴瀬さん
21:15 転換DJ Doron
21:30 family business
22:15 ending DJ Doron


来てねー!
2018.09.17 Monday 13:20 | - | comments(0) | -

アゴ

わたしは、agoの調子が悪い。耳の手前のagoの始まる部分が、agoの開閉のたびに、ガクガク言う。

これには、子供の時から悩んだ。一度、朝飯を食べてる時、ああ、ガクガク言うてるな、思いながら、ちょっとずらして噛んでたが、それも、違和感があるようになってきて、ええい、行ってまえ!と言う、関西人の魂、イテマエ、つまり、itemaeが出てきて、そのitemaeによって、わたしは、agoをばきっと、イワセた。これは、もちろん、あかんイワセ方であったらしく、あ!と言うた。それは、ば!と言う音に近い発声やった。

「母上、agoを、イワセてしまいました」半びらきの口で、おかんに言うたら、おかんも血相変えて、どこぞなに電話したら、その十分後には、なんらかの病院に行き、わたしは、忘れもしない。10センチから15センチくらいはあろう、長細い、長細い、針の、お注射をされた。どこに?どこやと思いますか?なんと、耳の手前のagoが始まる部分に。ノー麻酔で、no麻酔で。

「せ、先生、ほ、ほんまでっか?そ、それを、ま、まさか?そ、そこに?」わたしは、ブルブル震えて、目を閉じた。ブスッと刺されて。そっからや。そっからが地獄のように長い。その針を全部、押し込まれる。ずずずずズズズ。

『まだか?まだか?まだか?まだある?まだあるの?まだ?」

 

それ以来、どんだけagoが調子悪くても、病院には行かない。もうあんな地獄は懲り懲りだと思う。

 

ところがである。わたしは、普段、魚屋で働いている。魚屋がどれほど、声を張り上げて、ひたすら喋り続けなくちゃいけない仕事なのかと言うことは、おそらく世間の人は知らない。そして、ジジイ達に負けじと、こちらも言い返さなければいけないこともある。そして、この時代、ひたすらボールペンを持たされ、ひたすらに字を殴り書きでも良いから、なんとしてでも書き込んで行かねばならない。猛スピードで。大変に緊張する仕事である。だから、いつも、右肩ばかりが凝る。目が疲れる。agoは、バキバキ言うてる。そこへ来て、わたしは、ラッパーになろうとしている。練習していて、agoをかばいながら過ごしている自分がいる。

 

鏡を見ると、いよいよ、ズレてるな、と思う。そんなことを考えた。整骨院に行ってみようと思う。先日、石ちゃんは、ギックリ腰

になった。そこでお世話になったそうだ。

 

まおも行ってごらん。かっこいい若い、先生がいっぱいいたよ!

 

夫は、十歳も若い妻を持って色々と気を病むのだろう。マンションの管理人のおっさんからは、

「あれ?お父さんは?」と、わたしは聞かれた。

「は?お父さん?」

「あれ?あの男性は、お父さんじゃないの?」

「ええ、夫ですことよ」

 

最近、三十五歳になった私は、どうも若く見られがちなことに気づいた。そりゃそうだと思う。毎日が夏休みと言わんばかりの、堕落した退廃的な、無責任な自由を満喫している。情熱のままに。疲労のままに。休んだり活動する。

 

先日は、横のスーパーでワインを買った。毎日行ってる。しかし、その日は、どう言うわけだか、身分証を提示しろと言われる。

「は?なんで?」とわたしは言った。

「年齢確認です」

「は?身分証?ええっと、保険証でええかな?」驚きです。わたしは、アンダー20に見えたんだそうです。u20!omg!

 

今朝は、すっぴんとランニングと、寝間着の短パンのまま、スーパーにコーヒーを買いに行った。昨日は、どう考えたって飲み過ぎたので、目がパンパンに腫れてた。すると、先日、わたしの保険証を、訝しく覗き込んでたバイトの姉ちゃんが、

「せ、先日は、す、すいませんでした。どうも、お若く見えましたもので」と言う。

「おお、ええで」と言って、わたしは笑った。バイトの姉ちゃんも笑ってた。わたしは詐欺師ではない。騙されたと思う方が悪い。

わたしは、悪い人間ではない。

 

今朝のわたしは、四十八歳くらいに見えたと思う。

 

わたしは、若くてかっこいいお兄ちゃんは好きじゃない。わたしは、泣けるほど笑かしてくれる人間が好きや。

 

かっこいい男、綺麗な女。なんぼでもおる。

 

泣けるほど笑かしてくれる人間。そうそう居ないです。その価値。笑いの価値。笑いの勝ち。

 

明日から仕事か。でも、明日は、じゃくじゃくの落語に行く。嬉しい。枝雀さんのお弟子様。久々に。

あの人の落語、めちゃくちゃ、騒がしい。関西人って感じ。うるさい。でも、こないだ行った時も、まくら話言うのかな。その時の話が、めっちゃおもろくて、涙がポロポロ出た。ファンになって、本買ってん。サインしてくれる言うから、サインしてくれ言うたら、

「名前は?」

「真央です」

「真央ね?」

すると、じゃくじゃくさんは、真央という字が書けなかった。どっちかが変な字で、ごにょごにょに誤魔化してた。あれまた、面白かったな。

 

 

あ、整骨院行こう思うけど。ago。ラッパーは、アゴ命やろから。忍忍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.09.17 Monday 13:16 | - | comments(0) | -

コツ

というものは、いつの間に、掴んでるんやろ?
やっと録音も終わった矢先に、歌詞がだいぶん、スラスラ書けるようになってきた。気がする。

いまさら?って思うけど。
今のうちに、たくさん書いて置くしかない。
人生には、すれ違いしかない。
足並み揃えて、一緒に歩けるものなど、無い。運命や、体調や、出会いも、
また、人との関係も。

そういう自覚があるから、私は、じつに、あっさり、あきらめる。

日々、新しい、日々。

あきらめ続ける。

それで、というかな、それでも、やな。
それでも。
なにものかに、ふと、背中を押されるときがある。

生かされていることを、思い知る。


創作は、あきらめの中にあるのかもしれない。

あきらめることを知るときにこそ、案外、コツを掴んでるのかもしれん。

純粋に、コツに集中して、無心になれば、いつの間にか、言葉が見つかってたりする。

なんとも摩訶不思議。

それなりにではあるが。
色々、勉強してるから、ちょっとは、芽が出てきたんかもしれん。
勉強してるからいうより、勉強は、サボってる。私は、私ほど、勉強をしない人間はいないと思う。だから、これも、あきらめてる。
妙な話ではあるが、あきらめてこそ、続いてるし、入ってくるものがあるのではないか?と、自分を分析してるが、よくわからない。

まあ、勉強いうたら、たいそうな響きで、いちびり感出てるけど、要は、本当に、凄い人がいて、本当に凄い表現があって、本当に凄い哲学とか、宗教とか、人間の姿があって、天才がいて、天才が書いた、私にはなんもわからんような本が星の数ほどあって、また逆に、びっくりするほどよくわかることもあって、
そんな、大海を泳いでいる。

私は、一人、一人ぼっちのアホなのである。
これで、自分を、自分に説明できる。ようなきがする。

しかし、ラップ書くのが、自分の心と向き合う手段になってきた。楽しい。

嬉しいな。じんわり、嬉しい。

あんだけ、なんも書けなかったけど。

ちょっとずつ。

あと五年したら、40歳か。
紙に書かんでも、スラスラ、フリースタイルみたいに、ラップ出てくるように、なるかもしれんな!

あきらめ続ければ、行けるところかもしれん。

あきらめ続ける。

良いかもな。私は、私の生き方しかできないから、私は、私を、私に説明したいと、よく思うが、自分がわからないことが、年々、増えていく気がします

おやすみ。
明日は、友人のライブに行く。

たのしみやな。

忍忍。



iPhoneから送信
2018.09.14 Friday 21:51 | - | comments(0) | -

ついに!

録音とミックスが終了したらしい!family businessです。

ヒップホップに、チャレンジした。

石ちゃんも、いろんなことに、チャレンジしてた。

背伸び背伸びして、二人で、作ってきた。

喧嘩もたくさんした。

しかし、面白いものができたと思う。
まだ、データができたってだけやから、いまから、CDにしていったり、ジャケをどないするか?とか、まだあるんやけど。

35歳と、44歳。年の割には。

フレッシュなものが作れたと思う。
きっと、自分が人生でいろんなものを作ったし、書いたし、歌も、絵も、いろいろあるけど、別格のものを作れた気がしてる。
なぜかな?いうたら、石ちゃんと頑張ったからや思う。
もちろん、一人じゃできない。
石ちゃん一人でもできない。
二人やからこそ、出来た。
しかも、二人とも、かなり背伸びして、かなり無理して、かなり手探りで、探しに探して、試しに試しながらやった。

これで、お金が入るわけない。

しかし、胸いっぱいに、音楽を想う心がある。
これさえあれば、たとえ、貧乏でも、汚い服しかなくても。自分の命を黄金のように思えるだろうと思う。

案外、ほんまに、人間が幸せになるには、それくらいシンプルにならなあかんのかもしれん。

しかし、自分が一番だいじな歌は入れられんかった。

また次かな?

次への課題がたくさん見えた、ファースト。

アルバムタイトルは、

One

6曲入り。

私は、とりあえず。なによりも。ラップの歌詞がもっと書けるようになりたい!

それが、目標。

英語はいらん。
もちろん、私は、日本語で生きてる人間やもん。だから、日本語でいい。


勉強にも身が入るな。
なにがどんな風に、歌詞になって出てくるかわからんからな。

意味のないことなんか、なんもない。

無駄やって、誰になにを言われようとも。

信じて、学び続けるしかない。

いやあ。

石ちゃんのもってる音楽も、めちゃくちゃかっこええ。

アレサフランクリンの葬式、何回見るねん?思ったが。

お笑いと、音楽。

この二つが、私たちの関係を、いつも、守ってくれてる。


なにが、幸せいうたら、
笑うこと。音楽を楽しむこと。


てな。思いながら生きてる。


頑張ろうと思う。

こんなに、幸せになれるんやもんな。
なんにも無いし、才能もない。でも、幸せや。

これが、音楽や。


笑いたい気分。笑ってる。
ありがとう。黄金の命。

おやすみ。忍忍。



iPhoneから送信
2018.09.09 Sunday 23:41 | - | comments(0) | -

ふと

IMG_4180.jpg
最近、この人の歌声が聴きたくて仕方なくなる時がある。インスタで、写真たくさん見た。凄い自由なファッションの人。お洒落いうか、芸術性が高い。だから、スタイリストが凄いかもしれんけど。いつも、胸がスカッとする。面白くて素晴らしいファッション。カメレオンみたい。木とかに合わせて色を自在にするやろ?て、聞いたことある。昆虫も。葉っぱそっくりに化けてたり隠れてたりするやん?ああいう感じ。

なんせ、見た目が好きや。なんか癖になってくる。

あんまり好きじゃなかったのにな。魔女みたいで、不気味やな思ってた。でも、なんでかな。最近、凄い人なんやなと思うようになった。

私も、こんな風に歳とりたいなと、見てて思う。持って生まれた歌声とともに、最期まで歌う。音楽であり続ける。新しさとの融合。常に、自分を、抜け出ることを楽しめる。変わらない歌声。変わり続けるファッション。
それでこそ、老いの渋みが出るのかもな。

まあ、才能やろな。
老いの才能。
それは、いつまでもただ、若くあろうとすることじゃなくて、ちゃんと。老いていかなあかん。真正面から。受け入れていく。

新しい自分との出会い方として、

老いというのは、とても良い計測ではないかな、
心、身体、味覚、嗜好、趣味

最近のエリカバドゥ写真見てたらな、
なんでかな、
そんなことを考えた。


なんてったって、渋いわ。



忍忍。






2018.09.04 Tuesday 20:17 | - | comments(0) | -

12月4日 おんがくのじかん マオ ワンマン

12月4日に、三鷹 おんがくのじかん で、ワンマンライブをすることに決まりまして。そういえば、長いこと歌ってないので、よろしくお願いしますと言いましたが、ワンマンですか?ワンマンってか?ええ?ワンマン?誰が来るねん、と思ったが。旦那が、俺が行くから、やりなさい。と言った。そういえば、もうすぐ結婚記念日で、そろそろ10年くらい一緒にいる。よくも別れずにここまで来たと思う。あっという間。楽しかったと思う。

10年もあれば、人は変わる。成長する。変わると言っても、人間は、変わらないと思う。ただ、成長して行くんやと思う。私の音楽は成長したかな?やめたら終わりやもんな。私の音楽を石ちゃんも大切に思ってくれているんだろうと思うと、ありがとうと思う。勝俣のカッちゃんが、師匠の欽ちゃんに、お笑いのビッグウェーブが起こっているときは、自分で辞めたらあかんと言われたという。ビッグウェーブが終わらない限り、続けないとあかん。そしたらさらにビッグウェーブが起こるいうて。私の音楽は、誰にも知られず、誰にも相手にされず、で終わった。現在、35歳。それでも、歌うか?歌ってごらん。歌いなさい。と、誰かが言ってくれる。私は、音楽が、君たちを守り、導いてくれる。という恩師の言葉を拠り所にして、芸術をやってきた。いまでも、音楽が、芸術というもんが、自分を守って、成長させてくれると信じて生きている。ただ、それだけ。そういう生き方。それが何になるの?何にもならん。しかし、私は、幸せってなんやろな?わからない。それをいつも考える。すると、芸術というものは、私にとって、やっぱりいつも憧れて、チャレンジしたくて、自分を忘れることができる没頭の世界。ただ、それだけ。それって、幸せであると思う。だから、それを目指す。それで、良いのだろう。素晴らしいことだと思う。自分の良いところは、芸術が好きだというところであると、思う。感謝する。何にだろう?よくわからない。漠然とやけど。生きてるということである。生きるとは、感謝すること。幸せなのは、あらゆることの有り難みがわかること。かけがえのないこと。時間。命。閃き。音楽。ありったけの歌を、何曲あるんだろう?何十曲あるかわかない。100曲はないと思う。50はあるかもしれないな。

ありったけを歌います。朝焼けマンションも歌います。CDなんて売れない、誰も買わない時代になりましたが。CDも持って行きます。よろしくお願いします。詳細は、決まり次第、報告します。ただ、一言。よろしくお願いします。

 

2018.08.22 Wednesday 12:42 | - | comments(1) | -

夜を

IMG_4130.jpg
描きたいな

底抜けに明るい夜

笑いが止まらない夜

愛が止まらない夜

思い起こせば、私は、夜が大好きや。


昼寝

今日は、ラップ書かなあかんから。

とりあえず、あたまの中も、スッキリせなな。

おやすみ


2018.08.20 Monday 14:28 | - | comments(0) | -

スィートデイズ

彼女は泣いてる 一人ぼっち メヒコの砂漠の果てで サンダル脱ぎ捨てた 可愛い熊のお守り、揺れているよ


わかるかなー?

私のスーパーアイドル。ベンジー。

再会が再会呼ぶ不思議。

これで寿命が縮まろうとも、
その時間、エネルギー。
惜しんだらあかんのや。

汝の孤独を愛せよ

これは、メメントモリに通ずる。一切の幸せを期待するな。ただ、意志であれ。
そういうことかもな。
まだまだ勉強中やからさ、わからないな。

ただ思います。

人間は、結局、人間から学ぶ。
人間は、結局、人間を相手にだけ、経験ができる。

私には、ダンナが、いる。

凄い奇跡。

感謝してるよ、マイボーイ!

忍忍

とは、言えど

iPhoneから送信
2018.08.17 Friday 21:44 | - | comments(0) | -